贈与税・相続税

相 続 税 対 策

〜〜〜今から始めて将来に安心を!〜〜〜

現在、相続税は100人に4人しか負担していないと言われています。そのため、国は格差是正の観点から、
「社会保障と税の一体改革」(平成24年3月30日法案国会提出)により相続税の課税方法の大幅な見直しを
行い課税対象者の範囲を広げ、税率も見直して税収を確保しようとしています。
今後は、相続税は今よりさらに身近な税金となり、その対策は重要な課題となっていきます。

1、相続税はいくらかかるか?

  相続人が 配偶者と子供2人の場合 ( 現在の税制により、特例等の対策をしないときの概算総額 )

   @ 財産評価額が     2億円 → 配偶者15,800千円 + 子供 各5,600千円 =27,000千円

   A 財産評価額が 1億2千万円 → 配偶者 5,200千円 + 子供 各2,200千円 = 9,600千円

@の場合 Aの場合
処分可能額 173,000 千円 110,400 千円
相続税額 27,000 千円 9,600 千円

このように相続税は高額になります。 今現在相続税がかかるのか?かかるとしたらいくらかかるのか?を試算してみることは非常に大切なこととなります。

2、財産評価額はいくらなのか?

相続税の計算をするためには、財産評価が重要なポイントとなります。

特に @ 土地等の評価 A建物等の評価 B自社株の評価 については複雑な規定があり、評価の仕方

により、評価額も大きく変わってきます。

3、相続税対策とは?

 相続税を減額するための相続税対策には、下記内容のほか各種対策があります。

   @ 財産評価額を下げる。

   A 生前贈与をする。( 相続時精算課税 等 )

   B 生命保険等の活用

  遺産分割でもめないよう遺言書の作成等の必要が有る場合もあります。

5、相続税対策をしませんか?

具体的には、当事務所にて対応しています。 いつでもご相談ください。