贈与税・相続税

相続税

 相続税とは
  相続や遺贈によって取得した財産及び相続時精算課税の適用を受けて贈与により取得した財産に対して
  課税される税金です。

相続税の計算は?

  遺産総額(3年以内の贈与・相続時精算課税の贈与財産等を含む。)    

      

正味の遺産額

非課税財産(注1)

債 務

葬式費用

       

課税遺産総額

基礎控除額

(注2)

 

 注1 非課税財産とは

     @ お墓、仏壇、祭具など
     A 生命保険金のうち、500万円×法定相続人の数 までの金額
     B 死亡退職金のうち、500万円×法定相続人の数 までの金額

 注2 基礎控除額とは   3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数
      正味の遺産額が基礎控除額を超えるときは、相続税の申告が必要となります。
      (相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内に税務署に申告します。)
      この場合、相続税額の計算は次の手順にて行います。

          

手順1 相続税の総額の計算
              課税遺産総額を法定相続分通りに分けたものとして相続税の総額を計算します。

          

手順2 実際に納める税金の計算
             手順1で計算した相続税の総額を実際に各相続人が相続した割合に応じて按分します。
             各相続人は、相続税から配偶者控除等の適用を受けて、実際に納める税金が決まります。

法定相続人と法定相続分とは

法定相続人

法定相続分

配偶者と子がいる場合

配偶者

2分の1

2分の1

配偶者と父母がいる場合

配偶者

3分の2

父母

3分の1

配偶者と兄弟姉妹がいる場合

配偶者

4分の3

兄弟姉妹

4分の1

その他の場合

配偶者のみ

全部

子のみ

全部

父母のみ

全部

兄弟姉妹のみ

全部

       (子、父母、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上あるときには、それぞれの相続分は均等になります。)

相続税の計算をする場合の法定相続人の数については、次のように取り扱われます。

@            相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとされます。

A            養子の数は、実子のいる場合は1人、いない場合は2人までと制限されています。

B            特別養子・連れ子養子・代襲相続人は、実子とみなされます。


相続税対策