贈与税・相続税

相 続 税 改 正

1.改正時期

 平成27年 1月 1日以後

2. 基礎控除額の引き下げ

 改正前    5,000万円 + 1,000万円 × 法定相続人の数
 改正後    3,000万円 +   600万円 × 法定相続人の数

3.死亡保険金にかかる非課税限度額の対象者の改正

 改正前    500万円 × 法定相続人の数
 改正後    500万円 × 法定相続人の数
         (未成年者・障害者又は相続開始直前に被相続人と生計を一にしていた者に限ります。)

5. 未成年者控除・障害者控除の改正

(未成年者控除)
 改正前   20歳までの1年につき 6万円
 改正後   20歳までの1年につき10万円
(障害者控除)
 改正前   85歳までの1年につき 6万円(特別障害者については12万円)
 改正後   85歳までの1年につき10万円(特別障害者については20万円)

6. ポイント

今回の相続税の改正は、未成年者控除や障害者控除等一部の内容は控除額の拡大と納税者有利
となっていますが、全体的には課税ベースの拡大を目的としていると思われます。
     今後は、今まで相続税がかからない方でも相続税がかかるようになる方が増えてきますので、
     しっかりと相続税対策を考える必要が出てきます。